SCROLL

ABOUT

東京、浅草。
築50年を超える一棟ビル。
現代の町中華「桃仙閣」が織りなす
大皿料理をワインと共に
円卓で囲むオーベルジュ。
三層に渡る螺旋階段を貫く
スピーカーの音に揺られ
集い賑わう縁卓の家。

NOT A HOTEL EXCLUSIVE

ASAKUSA

Ver 1.0
設計者
中村 圭佑

中村 圭佑

Keisuke Nakamura

DAIKEI MILLS代表。1983年生まれ。CIBONE AOYAMA、6(ROKU)、Artek Tokyo Storeなどの商業空間からavex、Rocket Company、Takramなど錚々たるクリエイティブ企業のオフィスまで様々な空間デザインを手掛ける。2020年からは都市の遊休施設を一時的に占有し、一般へ解放する運動「SKWAT」をスタートさせた。

シェフ
林 亮治

林 亮治

Ryoji Hayashi

1977年、島根県生まれ。高校卒業後、「筑紫樓恵比寿店」で3年間修業。西麻布と香川県高松市の「麻布長江」で計3年間研鑽を積むと、島根の「桃仙閣」に戻り、さまざまな改革を行う。2017年、南麻布に「茶禅華」を川田智也氏とオープン。(現在は代表を退任し川田氏に譲渡)2020年、「桃仙閣 東京」を開業。2021年新たに中国料理店と日本料理店をオープン。ワイン会社も経営する。